うきは市に移り住んで○年、という方が増えてきました。山や川に恵まれ、その恩恵を受けて暮らす人々。ゆったりとした時間が流れるうきは市を少しだけ、ご紹介します。

うきはの特徴

きは市は福岡県の南東、大分県との県境にあります。北部を悠々と流れる筑後川と南部に東西に渡って横たわる耳納連山。この山と川の恵みを受け、うきはには豊かな穀倉地帯が広がります。


うきはの四季

は色とりどりの花々、夏は涼を感じさせる美しい水、秋は旬をたっぷり味わえるフルーツ、冬は春の訪れを告げるおひなさま。自然の美しさを堪能し、贅沢な1年を過ごすことができます。


白壁の町

流と白壁が残る、吉井町。天領日田と城下町久留米を結ぶ豊後街道の中央に位置する吉井町は、江戸時代、地方の産物が集まる宿場町として人があふれ、大いに栄えました。

うきは歳時記

年を通して、行事が目白押しのうきは。伝統の文化と自然の恵みを感じられます。うきは市にお越しの際はぜひチェックしてみてください。

うきは市に住みたくなる理由


今月のクッキング教室